静岡市美術館HOME > 平成22年度 > 夏休み!創作ワークショップ「金陀美具足(きんだみぐそく)に挑戦!―ミニチュアの鎧をつくろう」

開館記念展〈Ⅱ〉「家康と慶喜展‐徳川家と静岡」展プレイベント
夏休み!創作ワークショップ「金陀美具足(きんだみぐそく)に挑戦!―ミニチュアの鎧をつくろう」

徳川家康が着用したといわれる金陀美具足を手本に、段ボールやアルミホイル等を使って、高さ約30センチの"金陀美"具足ならぬ"銀陀美"具足を制作します。

久能山東照宮博物館に所蔵されている金陀美具足(きんだみぐそく)は、永禄三年(1560)、今川義元(いまがわよしもと)の配下にあった19歳の松平元康(後の徳川家康)が、義元の方の大高城に兵糧を運び、手柄をたてた時に着ていたものだといわれており、"大高城兵糧入具足(おおたかじょうひょうろういれぐそく)"とも呼ばれています。
このワークショップでは、段ボールやアルミホイルなどを使って、ミニチュアの"金陀美"具足ならぬ"銀陀美"具足を制作します。
 初日に久能山東照宮へ行き、金陀美具足の着替えの鎧である「白檀塗具足(びゃくだんぬりぐそく)」(※「金陀美具足」と同型)を観察したうえで、昔の鎧や兜がどのようなパーツから作られているのかを学びます。

また、作った鎧はお持ち帰り頂けます。夏休みの宿題にもどうぞ。

 

日  時

8月4日(水)~6日(金)(全3日)13:00~16:00

(8月4日のみ博物館見学のため9:30に久能山の麓に集合)

会  場
静岡市美術館 ワークショップ室
対  象

小学生以上 20名

料  金

大人900円、子ども400円(久能山東照宮拝観・博物館入館料および実費として)

申  込

往復はがきにてお申込み【7月25日(日)必着。応募者多数の場合は抽選】

<お申込み方法>

 ※返信用はがきに宛先をご記入下さい。

 ① 催事名、催事日

 ② 氏名(参加人数分)

 ③ 年齢

 ④ 住所(郵便番号から)

 ⑤ 電話番号

をご記入の上、

【〒420-0852 静岡市葵区紺屋町17‐1 葵タワー3階 静岡市美術館】へお送り下さい。

(※1件につき4名様までお申込み頂けます)
※申込は締切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。

頂いた個人情報は、本事業の募集及び、当館からの催し物のご案内以外は使用しません。