静岡市美術館HOME > 平成27年度 > 『世界一美しい本を作る男 -シュタイデルとの旅-』

Shizubiシネマアワー vol.16
『世界一美しい本を作る男 -シュタイデルとの旅-』

「Shizubiシネマアワー」は美術館ならではのセレクトで、さまざまな映画を上映するシリーズです。

第16回目は、世界中から注目を浴びているドイツの小さな出版社シュタイデル社の秘密に迫ったドキュメンタリーを紹介します。

 

 

[日  時]
2016年1月9日(土)
14:00~(開場 13:30)
 
[会  場]
静岡市美術館 多目的室
※簡易の映像設備での上映になります。
 
[参 加 料]
参加料:500円(チケット制)
※2015年11月14日(土)より静岡市美術館受付にて販売(定員になり次第販売終了)

チケット完売いたしました(12月27日)。当日のキャンセル待ちによる追加販売の予定はございません。
 
[定  員]
70名
 
[企画協力]
㈱サールナートホール

 

 

『世界一美しい本を作る男 -シュタイデルとの旅-』

メイン画像(トリミング).jpg

(ゲレオン・ヴェツェル&ヨルグ・アドルフ監督 2010年 ドイツ 88分)

 

ゲルハルト・シュタイデルは、印刷機から出てくる一枚一枚の写真や原稿をチェックし"本"作りに情熱を注ぐ。

今や有名写真家が作品を出版する為に何年も待ち、扱うのはノーベル賞作家の新作からシャネルのカタログまでと幅広く、世界中にコレクターがいるシュタイデル社の"本"。自らアーティスト達と綿密な打合せを繰り返し、収録作品、使用する紙、インクの選定まで徹底的にこだわり"本"自体を作品へと昇華させていく。彼の妥協なき本作りの姿勢は、効率重視の出版業界においてユニークなビジネスモデルとしても注目されている。

"本"と"芸術"、そして"仕事"への愛情に満ちたシュタイデルの世界へようこそ。