静岡市美術館HOME > 平成26年度 > ワークショップ「フォトモで作ろう 静岡の街「いま」「むかし」」

「国宝・久能山東照宮展―家康と静岡ゆかりの名宝」関連イベント
ワークショップ「フォトモで作ろう 静岡の街「いま」「むかし」」

久能山350年祭当時の絵葉書や古写真などを題材に、フォトモ(フォト+モデルの造語)と呼ばれる、写真を切り貼りして町並みを立体的に再現した作品を作ります。
講師には、フォトモの生みの親として人気の写真家・糸崎公朗氏を招きます。
懐かしい静岡の町並みを、楽しく再現するユニークなワークショップです。

[日   時]
2014年10月5日(日)、10月13日(月・祝)
いずれも13:00~16:00 【全2回】

[講  師]

糸崎公朗 氏

[会  場]
静岡市美術館 ワークショップ室
[参 加 料]
1人につき1,000円(材料費含む) ※展覧会観覧券付
[対  象]
小学1年生~中学3年生 20名(応募者多数の場合は抽選)
※2日間とも参加できる方
[持 ち 物]
デジタルカメラ
[共  催]
ふじのくに子ども芸術大学
[申  込]
HP申込フォームまたは往復はがきにてお申込みください。
一件につき4名様まで申込可能。
【9月19日(金)必着。応募者多数の場合は抽選】
<往復はがきでのお申込み方法>
※返信用はがきに宛先をご記入ください。
① 催事名、催事日
② 氏名(参加人数分)
③ 年齢(参加人数分)
④ 住所(郵便番号から)
⑤ 電話番号
をご記入の上、
【〒420-0852 静岡市葵区紺屋町17‐1 葵タワー3階 静岡市美術館】へお送りください。
※抽選の如何にかかわらず結果は通知いたします。
※往復はがき、申込フォームでの申し込みは締切ました。

※開催日の1週間前までにご案内をお送りしますので、万が一届かない場合は、お電話(054-273-1515)にてお問合せ下さい。

《講師紹介》

糸崎公朗(いとざき・きみお)さんは、写真家でもあり、造形作品を作る、美術家でもあります。

平らな写真を切り抜いて組み立てたり、つなぎ合わせたりして、不思議な世界を作ることが得意。

展覧会やワークショップ(工作教室)や、芸術論を書くなど、全国的に活躍するアーティストです。

※今回のワークショップの内容を、講師の糸崎公朗さんのブログでご紹介いただきました。試作品の画像もご覧いただけます。

『反省芸術2.0・糸崎公朗blog3.2』 2014-09-12 「10月に静岡で二つのワークショップ」

【静岡市南部生涯学習センターでもフォトモワークショップを開催します!】

講座名:『フォトモで復元!むかしの静岡』

日時:10月2日(木)、10月9日(木)13:00~ (全2回) 

会場:静岡市南部生涯学習センター(静岡市駿河区南八幡町25番21号) 

対象:どなたでも20人

参加料:1人一般1,500円(70歳以上・大高生1,300円)*静岡市美術館観覧料含む

申込:電話で南部生涯学習センターへどうぞ(054-281-2184)