静岡市美術館HOME > 平成28年度 > 講演会「レイアウトとは何か」(対談)

「高畑・宮崎アニメの秘密がわかる。スタジオジブリ・レイアウト展」関連イベント
講演会「レイアウトとは何か」(対談)

「高畑・宮崎アニメの秘密がわかる。スタジオジブリ・レイアウト展」関連イベント。

スタジオジブリの田中氏と、三鷹の森ジブリ美術館の西岡氏に、レイアウトについて幅広くお話しいただきます。

 

 

[日  時]

2016年12月17日(土)

14:00~16:00(開場13:30)

 

[講  師]

田中 千義 氏(スタジオジブリ/イベント事業室・プロデューサー)

西岡 純一 氏(三鷹の森ジブリ美術館事務局長)

 

[会  場]

当館多目的室

 

[参 加 料]

無料

 

[定  員]

100名(応募多数の場合は抽選)

 

[申  込]

HP申込フォームまたは往復はがきにてお申込みください。

一件につき2名様まで申込可能。

【12月2日(金)必着。応募者多数の場合は抽選】

 

<往復はがきでのお申込み方法>

※返信用はがきに宛先をご記入ください。

①催事名、催事日

②氏名(参加人数分)

③年齢(参加人数分)

④住所(郵便番号から)

⑤電話番号

をご記入の上、

【〒420-0852 静岡市葵区紺屋町17‐1 葵タワー3階 静岡市美術館】へお送りください。

※抽選の如何にかかわらず結果は通知いたします。

 

 

◆講師プロフィール

 

tanakasan.jpg

 

田中千義(たなかかずよし/スタジオジブリ イベント事業室・プロデューサー)

1963年北海道旭川生まれ。

大学中退後、アニメーションの仕上会社に入社。その後、1987年「火垂るの墓」の制作進行としてジブリ作品に初めて参加する。完成後スタッフ解散の為、漫画関係の出版社に入社。情報誌「COMIC BOX」の編集を担当。

その後1991年再びスタジオジブリへ移り、以後「耳をすませば」「もののけ姫」「千と千尋の神隠し」等多くのジブリ作品で制作デスクを担当。「ホーホケキョ となりの山田くん」では監督助手、「猫の恩返し」では制作プロデューサー。

現在はスタジオジブリイベント事業室プロデューサー。

 

 

nishiokasan.jpg

 

西岡純一(にしおかじゅんいち/三鷹の森ジブリ美術館事務局長)

1960年、熊本県生まれ。

九州大学工学部を卒業後、外資系石油会社で勤務。1999年、スタジオジブリへ入社し三鷹の森ジブリ美術館の設立に参加。その後、スタジオジブリの広報・宣伝業務に携わる。

現在、徳間記念アニメーション文化財団の学芸部門を統括しながら事務局長を務めている。

 

 

※往復はがき、申込フォームでの応募は締め切りました。

※開催日の一週間前までにご案内をお送りしますので、万が一届かない場合は、お電話(054-273-1515)にてお問い合わせください。