静岡市美術館HOME > 平成24年度 > 「将棋名人」展


「将棋名人」展

 

木村名~1.JPGのサムネール画像「木村名人書、文俊作の漆盛上駒」昭和初期    

 

 

2012(平成24)年は、名人制度の発祥から400年の節目にあたります。この記念すべき年の第70期名人戦7番勝負の第4局が静岡市葵区の浮月楼で開催されるのに合わせて、「将棋名人展」を開催します。
将棋をこよなく愛した家康公が1612(慶長17)年、初代大橋宗桂に扶持を与えたことが将棋名人制度の始まりとされます。以後、名人位は世襲制でしたが、1935(昭和10)年に実力の勝負による名人制度が創始され現代に至ります。
本展では、実力制名人ゆかりの品々や、家康公の時代の将棋をしのばせる資料により、将棋文化の一端をご紹介します。


 

会  期 : 5月13日(日)~23日(水)

 

会  場 : 静岡市美術館 エントランスホール

 

主  催 : 第70期名人戦静岡市実行委員会
        静岡市美術館