静岡市美術館HOME > 過去の展覧会 > 「竹久夢二と静岡ゆかりの美術」

竹久夢二と静岡ゆかりの美術

展覧会概要主な出品作品関連イベント関連展覧会関連展覧会


竹久夢二と静岡ゆかりの美術展

カラー図版758点
参考図版(モノクロ140点)
A4判変形(290×225mm)/530g/128頁
開催年:2012年
1,500円(税込)
在庫有り(図録の通信販売はこちらをクリックして下さい)

 

[目次]
ごあいさつ

図版
第一章 東海道図と静岡の情景―江戸から近代へ
第二章 “志田コレクション”竹久夢二の世界――旧蒲原の有志が築いた名コレクション
第一節 『青い小径』とコマ絵の夢二
第二節 《木に寄る女》との出会い―肉筆画の美
第三節 夢二デザインの精華
第四節 夢二日記との出会い―夢二研究会の活動
第三章 中川雄太郎と静岡の創作版画の世界
第四章 平野富山“彩色木彫”の美
第五章 静岡が生んだ作家たち、静岡にやってきた作家たち

解説
森谷紗世「“志田コレクション”竹久夢二―その成立過程を巡って」
吉田恵理「中川雄太郎の画業」
吉田恵理「平野富山の彩色木彫」

資料
竹久夢二研究資料及び郷土史資料・著作など/竹久夢二書簡翻刻/竹久夢二落款・印章・箱書/平野富山落款/関連略年表(竹久夢二/志田喜代江/中川雄太郎/平野富山)

出品目録

[紹介文]
「静岡市美術館」および「静岡市」所蔵作品を中心に、一部、個人所蔵、各種機関所蔵品によって、「静岡が育んだコレクター」「静岡が生んだ作家」「静岡に魅せられた作家」をキーワードに構成した静岡の近代美術を紹介した展覧会図録。女性郷土史家であり夢二研究者であった志田喜代江氏による竹久夢二コレクションのレゾネも兼ね、志田氏の収集の経緯を初めて紹介。あわせて本展開催のための作品調査で発見された市内の新出の夢二作品も掲載。また、昭和初年の静岡の創作版画運動の動向を中川雄太郎に注目して、その画業のほぼ全貌を提示。さらに、平櫛田中の彩色をまかされた、近代日本彫刻史上、重要な作家の一人である平野富山の彩色木彫および、その師、池野哲仙作品を掲載するなど、静岡市の貴重な所蔵品を初めてカラー掲出した目録としても貴重。その他、和田英作、海野光弘、伊藤勉黄、松岡圭三郎、小栗哲郎、河西賢太郎ら、静岡ゆかりの作家を紹介。