静岡市美術館HOME > 過去の展覧会 > オディロン・ルドン 夢の起源 幻想のふるさと、ボルドーから

オディロン・ルドン 夢の起源 幻想のふるさと、ボルドーから

展覧会概要第1章第2章第3章関連イベント楽しむ刊行物


第2部 「黒」の画家 ―怪物たちの誕生

ルドンは1879年、39歳の時に石版画集『夢のなかで』を発表し、実質的なデビューを果たします。空想的な怪物たちがうごめく世界は、同時代の印象派の画家たちが、明るい現実の光を留めようと求めた画面と一線を画すものでした。科学と空想、そして哲学が混在する「黒」の芸術を辿ります。

黒を尊重せねばならない。何ものも黒を汚すことはできない。


《『夢想(わが友アルマン・クラヴォーの思い出のために)』
6.日の光》1891年 リトグラフ、紙 岐阜県美術館

《蜘蛛》1887年 リトグラフ、紙 岐阜県美術館


《『ゴヤ頌』 2.沼の花、悲しげな人間の顔》
1885年 リトグラフ、紙 岐阜県美術館

《『起源』 3.不恰好なポリープは薄笑いを浮かべた
醜い一つ目巨人のように岸辺を漂っていた》
1883年 リトグラフ、紙 岐阜県美術館


《『夢のなかで』 2.発芽》
1879年 リトグラフ、紙 岐阜県美術館

《『エドガー・ポーに』
1.眼は奇妙な気球のように無限に向かう》
1882年 リトグラフ、紙 岐阜県美術館


《光の横顔》
1886年 リトグラフ、紙 岐阜県美術館

《神秘的な騎士あるいはオイディプスとスフィンクス》
1892年頃 木炭、パステルで加筆、画布で裏打ちした紙
ボルドー美術館


※作家名の記載がないものはすべてオディロン・ルドン作