静岡市美術館HOME > 過去の展覧会 > メアリー・エインズワース浮世絵コレクション

メアリー・エインズワース浮世絵コレクション



メアリー・A・エインズワース(Mary Andrews Ainsworth)

1867年:アメリカ・イリノイ州ヘンリー郡ジェネシオで生まれる
1885年:18歳 オーバリン大学に入学
1889年:22歳 オーバリン大学卒業
1905年:38歳 アジアを旅行、翌年来日、浮世絵に出会う。
            以降、約25年かけて浮世絵収集がはじまる
1950年:83歳で死去。
            死後、遺言により、膨大な浮世絵版画・版本のコレクションは
            母校・オーバリン大学に寄贈された
目利きの米国女性エインズワース

メアリー・エインズワースは、アメリカでも早くに浮世絵の収集をはじめたコレクターの一人である。海外のなかでも浮世絵コレクターが多いアメリカだが、有名なコレクターのほとんどが男性である。彼女はその中で肩を並べる目利きの女性コレクターで知られていた。日本でも昭和13(1938)年に出された浮世絵コレクターの番付表「古今東西浮世絵数寄者総番付」(※本展未出品)の「外人数寄者いろは番付」内で「エインスオウス(エインズワース)」の名が掲載されている。

古今東西浮世絵数寄者総番付