静岡市美術館HOME > 平成28年度 > 「マンガの時代」

Shizubiシネマアワー vol.19
「マンガの時代」

「Shizubiシネマアワー」は美術館ならではのセレクトで、さまざまな映画を上映するシリーズです。

第19回目は、「マンガ」をテーマに2本の作品を上映します。

 

[日  時]

2016年8月13日(土)、20日(土)

いずれも14:00~(開場 13:30)

 

[会  場]

静岡市美術館 多目的室

※簡易の映像設備での上映になります。

 

[参 加 料]

参加料:各回500円(チケット制)

※7月1日(金)より静岡市美術館受付にて販売(定員になり次第販売終了)

 

[定  員]

70名

 

[企画協力]

㈱サールナートホール

 

 

■8月13日(土)14:00~

『マンガをはみだした男 赤塚不二夫』

(冨永昌敬監督 2016年 日本 96分)

 

hamidashi1.jpg

マンガも面白いが本人はもっと面白い!!!

『おそ松くん』、『天才バカボン』、『ひみつのアッコちゃん』、『もーれつア太郎』など、数多くの傑作を生み出してきた国民的マンガ家、赤塚不二夫。

これまでもテレビ番組等でその生涯が放送されてきたが、生誕80周年を記念して製作された本作品は、彼の最高傑作とも呼ばれる「レッツラゴン」のキャラクターを案内役とした異色のポップ・ ドキュメンタリー。

時代の渦のなかでダイナミックに生き抜いた赤塚の人生を、アニメーションを軸に、関係者 インタビュー、秘蔵写真、プライベート映像、幻のテレビ番組などの膨大な素材で再構築。

本人の残された肉声と、複数の視点によって「赤塚不二夫」の知られざる姿が綴られる。

 

 

※静岡シネ・ギャラリーでは7月23日(土)~8月5日(金)に上映

 

 

 

■8月20日(土)14:00~

『トキワ荘の青春』

(市川準監督 1996年 日本 110分)

 

トキワ荘の青春.jpg

マンガの聖地「トキワ荘」での若き漫画家たちの青春物語。

昭和30年代、東京の片隅に手塚治虫や彼に憧れる若き漫画家、藤子不二雄、石森章太郎、赤塚不二夫らが暮らしたアパートがあった。

のちにマンガの聖地と呼ばれる「トキワ荘」を舞台に、すべての情熱をマンガに注いだ彼らの青春時代を描いたドラマ。

出演は、本木雅弘(寺田ヒロオ)、大森嘉之(赤塚不二夫)、古田新太(森安直哉)、生瀬勝久(鈴木伸一)、鈴木卓爾(安孫子素雄)、阿部サダヲ(藤本弘)、さとうこうじ(石森章太郎)ら。