• 2022年08月30日 『ピーターラビットのおはなし』の秘密

    1902年に英国で刊行された『ピーターラビットのおはなし』は今年絵本出版120周年をむかえます。いたずらなウサギ、ピーターラビット™がお母さんの言いつけを守らずに一人でマグレガーさんの畑に忍び込む冒険譚は、リズム感のあるストーリーとその愛くるしい挿絵から世界中で愛されています。現在48の言語で読むことのできる、まさにベストセラーですが、この絵本が版を重ねる過程で改訂されていることは意外と知られていないかもしれません。

    『ピーターラビットのおはなし』を刊行したロンドンの出版社フレデリック・ウォーン社は、出版100周年にあたる2002年に英語版を全面改訂しました。作者のビアトリクス・ポター™の構想を尊重し、第5版以降削除されていた4点の挿絵を再掲載しました。さらに、1902年の初版時には採用されなかった2点の挿絵も新たに加えました(日本でも今年3月に早川書房から新訳版が刊行されました)。

    本展は、現存するビアトリクスによる原画(表紙、口絵含)31点と、再制作された3点の計34点で、作者が構想した『ピーターラビットのおはなし』の全貌をお見せする初めての展覧会です。物語の原点となった、ビアトリクスが病床の少年に送った貴重な絵手紙も日本初公開され、多くの思い出とともにこの小さな絵本に触れてきた方でも、新鮮な発見を得られると思います。

    原画を間近にすることができる機会なので、是非ウサギたちのユーモラスな表情やしぐさだけでなく、背景に描かれた景色にも注目してみてください。ビアトリクスの優れた観察力や描写力が発揮されているのはもちろんのこと、人間も動物も自然と共に生きているという、ごく当たり前だけど、彼女が大切にしてきたことに触れることができるでしょう。

     

     


    (a.i)

     

    出版120周年 ピーターラビット™展
    2022年9月15日(木)-11月6日(日)

    前売券:9月14日(水)まで販売中!
    静岡市美術館、ローソンチケット[Lコード: 47050]、セブンチケット[セブンコード: 095-860]、チケットぴあ[Pコード: 686-124]、谷島屋(パルシェ店、マークイズ静岡店、流通通り店)、MARUZEN&ジュンク堂書店新静岡店、戸田書店江尻台店、大丸松坂屋静岡店友の会、百町森

    グッズ付き特別前売券(一般のみ)
    ◎チケットファイル券 1,400円 静岡展限定!
    【取扱】静岡市美術館、セブンチケット[セブンコード:096-392]
    URL:http://7ticket.jp/s/096392

  • 2022年08月21日 【THE HEROES展】刀剣の見どころ⑥ 《刀 銘 洛陽住信濃守国広 慶長十五年八月日》


    《刀 銘 洛陽住信濃守国広 慶長十五年八月日》  江戸時代 慶長15年(1610) ボストン美術館


    刀剣研究家・鎌田魚妙が著し、安永8年(1779)に刊行された刀剣書『慶長以来新刀弁疑』によって、慶長(1596-1615)以降に制作された刀剣を「新刀」、それ以前の作刀を「古刀」とする区分が定着しました。その新刀期を代表する名工の一人であり、新刀の祖とも評されるのが、この刀の作者・堀川国広です。and more

  • 2022年08月19日 【THE HEROES展】刀剣の見どころ⑤ 《短刀 銘 大和尻懸住則長四十八作之 文保三年己未三月十日》


    《短刀 銘 大和尻懸住則長四十八作之 文保三年己未三月十日》 鎌倉時代 文保3年(1319) ボストン美術館


    大和(現・奈良県)の刀剣は、千手院(せんじゅいん)、手掻(てがい)、当麻(たいま)、保昌(ほうしょう)、尻懸(しっかけ)の「大和五派」と呼ばれる諸派が平安時代後期から鎌倉時代に現れて以降、他地域とは趣を異にした特色ある作風が展開されました。and more

  • 2022年08月19日 【THE HEROES展】刀剣の見どころ④ 《太刀 銘 備州長船住兼光》、重要文化財《太刀 銘 備州長船兼光 延文三年二月日》 


    《太刀 銘 備州長船住兼光》 鎌倉時代(14世紀) ボストン美術館



    重要文化財《太刀 銘 備州長船兼光 延文三年二月日》 南北朝時代 延文3年(1358)ふくやま美術館(小松安弘コレクション)

    この太刀の作者・兼光は『観智院本銘尽』に「長船流景光子」と記されているように、光忠-長光-景光から続く長船派嫡流の刀工です。and more

  • 2022年08月18日 【THE HEROES展】刀剣の見どころ③ 《刀 金象嵌銘 光忠》


    《刀 金象嵌銘 光忠》 鎌倉時代(13世紀)ボストン美術館

    「刀剣王国」とも呼ばれる備前国では、一文字派、直宗派、大宮派など多くの流派が形成されて技を競い合いました。その中でも鎌倉時代中期に興った一派は長船(現・岡山県瀬戸内市長船)の地に居住したことから長船派と呼ばれ、室町時代末期まで数多の名工が輩出して隆盛しました。and more

  • 2022年08月18日 【THE HEROES展】刀剣の見どころ② 国宝《太刀 銘 正恒》


    国宝《太刀 銘 正恒》 平安時代(11世紀)ふくやま美術館(小松安弘コレクション)

    日本最大の刀剣産地だった備前国で平安時代後期から鎌倉時代初期に活躍した鍛冶たちを「古備前」と呼び、友成、包平、真恒、信房らの存在が知られています。正恒はその古備前鍛冶を代表する一人ですが、比較的多くの作品が遺されており、それらは作風や銘の切り方が一様でないことから、同名で数人が存在したことが確実です。and more

  • 2022年08月18日 【THE HEROES展】刀剣の見どころ①《太刀 銘 安綱》


    《太刀 銘 安綱》 平安時代(11世紀) ボストン美術館

    良質の砂鉄を豊富に産出した中国山地の周辺地域では、古墳や関連遺跡からの出土遺物によって6世紀後期頃から盛んに鉄生産が行われていたことが確認されています。特に岡山県南東部に位置した備前国と鳥取県西部にあたる山陰の伯耆国(ほうきのくに)は、恵まれた鉱産資源と古代から培われた製鉄技術を活かし、平安時代後期から盛んに刀剣制作が行われました。and more

  • 2022年08月13日 「THE HEROES 刀剣×浮世絵」展 来場1万人を達成!

    8月13日に、「ボストン美術館所蔵 THE HEROES 刀剣×浮世絵-武者たちの物語」の来場者が1万人を達成しました。and more

  • 2022年08月06日 【THE HEROES展 作品紹介】武者絵・鐔編 ―源平時代の英雄③

    「ボストン美術館所蔵 THE HEROES 刀剣×浮世絵-武者たちの物語」出品作品の中から、武者絵、鐔(つば)の一部を、そこに描かれた武者たちのエピソードとともにご紹介します。and more

  • 2022年08月04日 【THE HEROES展 作品紹介】武者絵・鐔編 ―源平時代の英雄②

    「ボストン美術館所蔵 THE HEROES 刀剣×浮世絵-武者たちの物語」出品作品の中から、武者絵、鐔(つば)の一部を、そこに描かれた武者たちのエピソードとともにご紹介します。and more