• 2020年05月20日 ART at home ~自宅で楽しむアートな本~ ③

    世界で最も知られるストリートアーティスト、バンクシー。
    今回は謎多き覆面アーティスト、バンクシーを特集した雑誌のご紹介です。


    2018年、彼の代表作品がオークション落札直後、自動的にシュレッダーが起動して裁断されるという出来事は世界中を驚愕させました。「シュレッダー事件」としてメディアで取り上げられたので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。小池都知事のツイッターで彼の名を知った人もいるでしょう。

    特集では「シュレッダー事件」の真相から、経歴、彼が設立した認証機関“ペストコントロール”のことまで、様々な情報が満載です。

    中でもバンクシーが手掛けた《世界一眺めの悪いホテル》の全貌は必見! ホテル内の細部まで華麗な写真と共に堪能することができます。また、彼の素顔を知る人物たちからの貴重な証言も見逃せません。

    分かりやすい解説と共に、約100点の作品を紹介しているので、「そういえば作品はあまり知らないな」「ストリートアートの知識がないわ」なんて人でも十分楽しめます!

    彼の魅力と作品の世界観が存分につまった内容です。ぜひこの機会にストリートアートの世界に触れてみるのはいかがでしょうか。

    □「Casa BRUTUS 2020年3月号」マガジンハウス

     

    (a.s & t.m)

     

  • 2020年05月09日 ART at home ~自宅で楽しむアートな本~ ②

    ミュージアムショップスタッフがお気に入りの書籍を紹介する「ART at home」。
    今回、紹介するのは「水の生きもの」です。

    日本語版は国内の出版社から刊行されていますが、実際につくっているのは南インド・チェンナイにある小さな出版社、タラブックスです。
    さまざまな取り組みが本の持つ新たな可能性を教えてくれる出版社で、とりわけタラブックスの代名詞とも言える「ハンドメイド本」は世界中の本好きたちを虜にしています。


    この絵本もそんな「ハンドメイド本」のひとつ。
    手漉きの紙にシルクスクリーンで印刷され、一冊ずつすべて手製本されています。
    インクのにおいや、厚みのあるざらざらとした紙の質感に導かれ、ページをめくるのがとても楽しい!
    五感で楽しめる本なのです。


    目に飛び込んでくるのは、カラフルでとってもおしゃれな水の生きものたち。
    ユニークなフォルムの魚、ワニ、カエル、タコ・・・
    作者ランバロス・ジャーが生まれ育ったガンジス川のほとりの生きものから、見たことのないような生きものまで、インドの民族絵画の一種である「ミティラー画」の手法を取り入れた繊細なタッチで描かれ、どれものびのびとしていて実に楽しげです。
    じーっと眺めていると、だんだん絵の中に吸い込まれていくような感覚になります。

    絵の上にはタイトルと作者のちょっとした解説が書かれています。
    その絵を描いた背景はもちろん、作者自身の思い出など微笑ましいエピソードもちらほら。
    これも見どころのひとつです。

    時間をかけて丁寧に作られたこの本を眺めていると、そこに人の体温が感じられてなんだかほっとします。

    目まぐるしい日々から少し離れて、ゆったりとした水の生きものの世界を覗いてみてはいかがでしょうか。

    □ランバロス・ジャー「水の生きもの」河出書房新社、2013年

     

    (a.y & t.m)

     

  • 2020年05月06日 ブログで展覧会気分(3)

    臨時休館中に展覧会気分を味わっていただく企画、3回目は『明星』と藤島武二をご紹介します。

    『明星』は、与謝野鉄幹が結成した東京新詩社の機関誌として1900年に創刊されました。与謝野晶子の情熱的な短歌に代表される新時代の文芸を育んだばかりでなく、表紙絵や挿絵などを通じて新しい視覚イメージを明治後期の世に送り出した雑誌です。

    会場風景。『明星』各号が並ぶケース。


    明治、大正、昭和を代表する洋画家のひとり、藤島武二は、1901年から『明星』の表紙絵や挿絵を手がけました。同年3月発行の『明星』第11号からの表紙には、金星のシンボルが記された星を額に戴く、夢見るような表情の女性の顔が描かれています。上部には別枠で変体仮名を交えて「みやうじやう」、すなわち「みょうじょう」という誌名がデザイン化されています(右から左へ読みます)。

    藤島武二《明星(『明星』第13号表紙)》1901年 個人蔵


    六芒星や百合といったモチーフ、文字と枠による巧みなデザイン化、太い輪郭線で人物の形を際立たせる手法など随所にミュシャらによるアール・ヌーヴォーのグラフィックの影響がうかがわれます。明星とは日本では金星のことを指し、金星は西洋では美の女神ヴィーナスと同一視されます。ジャポニスムの時代にパリで誕生したミュシャの女性像が、めぐりめぐって藤島の絵の中で、日本の『明星』を象徴する美の女神として生まれ変わっているようにも見えます。

    アルフォンス・ミュシャ《「椿姫」ポスター》(部分)1896年 京都工芸繊維大学美術宇工芸資料館


    アルフォンス・ミュシャ《春〈四季〉》(部分)1901年 インテック


    会場風景。藤島武二の挿絵や装幀。


    手前左から与謝野晶子『みだれ髪』1906年(1901年初版) 個人蔵
    与謝野鉄幹・晶子『毒草』1904年 和歌山県立近代美術館
    与謝野晶子『小扇』1905年(1904年初版) 千葉市美術館
    『中学世界』第8巻第5号 1905年 個人蔵
    奥、3冊とも川上瀧彌・森廣『はな』1902年 個人蔵

     

    藤島は『明星』の歌人たちの歌集の装幀も行いました。与謝野晶子の代表作『みだれ髪』もその1冊です。展示室では、東西の要素が融合した藤島の意匠をお楽しみ頂こうと、藤島の装幀本を一つのケースに集めています。ところで、ケースの奥に見えるのは長原孝太郎の作品で、右端の額は1901年10月に開催された白馬会第6回展のポスターです。この展覧会に藤島武二も長原孝太郎も出品していますが、さらに、洋行した画家たちが持ち帰った外国のポスターも一緒に展示されていたことが分かっています。第6回展にはパリで活躍していたミュシャや、ウジェーヌ・グラッセやアレクサンドル・スタンラン、そしてチェコのアルノルシュト・ホフバウエルのポスターが展示されたことが分かっています(ホフバウエルのポスターについては次回ブログでご紹介予定です)。

    余談ですが、その前年の白馬会第5回展が開催されたのは1900年。ちょうど来日中だったオルリクは白馬会展に出品し、『明星』に版画を寄稿しています。日本でいち早くミュシャを受容した藤島や長原は、実はオルリクとも交流がありました。チェコのプラハ国立美術館には、来日の記念にと藤島がオルリクに献辞を記して贈った『宋紫石画譜』が所蔵されています。

     

    (k.y.)

     

  • 2020年05月02日 ブログで展覧会気分(2)

    臨時休館中に展覧会気分を味わっていただく企画、2回目の本日は、ミュシャと並び本展の軸となる、エミール・オルリクを紹介いたします。

    エミール・オルリクはプラハに生まれ、ミュンヘンで主に銅版画を学びました。やがて木版にも関心を持ち、日本の錦絵に憧れたといいます。来日前には、ベルリンで限定発行されていた高級美術雑誌『パン』やミュンヘンで発行されていた美術雑誌『ユーゲント』などで銅版画を発表したり、ウィーン分離派展には第1回から参加するなど活躍していました。

    03. 展示風景_めぐるジャポニスム展.JPG

    展示風景。手前はウィーン分離派の機関誌『ヴェル・サクルム』第2年次第9号(和歌山県立近代美術館)、オルリクの作品が掲載されているページ。左隣の第1年次第11号(宮城県美術館)の表紙画はミュシャによるもの。展示ケースの後ろに見える水色の壁にはオルリクの作品が掛かっています。

    1900年4月に来日したオルリクは、日本画の筆法や、彫師、摺師の分業による浮世絵版画の技法を学ぶとともに、日光、箱根、静岡、京都、奈良など日本各地を訪問しました。また、この年の9月から10月にかけて開催された白馬会第5回展に銅版画、木版画、水彩画、パステル画などを出品したことも知られています。約10ヶ月の滞在後、帰国したオルリクは、自作と日本での収集品によってヨーロッパの木版表現に新風をもたらすことになります。

    《富士山への巡礼》はこの滞日の成果を示す作品の一つです。白装束に身を包んだ人々が目指すのは、画面右上に白く表された富士山です。菅笠をかぶり、着ござで身体を覆うなど明治時代の富士詣での風俗が捉えられています。橙色の空、緑色の土手、人々の装束の白と黄色といった明澄で多彩な色あいは、来日前のオルリクの木版画にはなかった特徴です。

    04_Orlik_Pilgrims.jpg

    エミール・オルリク《富士山への巡礼》1901年 パトリック・シモン・コレクション、プラハ

    またオルリクは東京で木版画のほかに自画石版も試みました。石版、すなわちリトグラフが石版工による複製印刷技術とみなされていた東京で、オルリクは自ら版に描画し、詩情あふれる東京風景を制作しました。《東京の通り》には色とりどりの暖簾を掛けた商店が並ぶ通りが明るい色調で描かれています。画家の手の動きがそのまま反映された写実的なスケッチですが、「古市」と染め抜かれたのれんの下に見える表札には、「ヲールリク」とカタカナで名前を入れる遊び心も発揮されています。

    05_Orlik_Tokyo.jpg

    エミール・オルリク《東京の通り》1900-01年 宮城県美術館

    石版工だった織田一磨は印刷所でオルリクの石版画を目にして感銘を受け、後に東京や大阪の風景の連作版画を制作します。オルリクの自画石版は、芸術表現として版画を作ろうとした日本の画家たちに大きな影響を与えたのです。

    06.展示風景_めぐるジャポニスム展.JPG

    展示風景。織田一磨の東京風景(千葉市美術館)、大阪風景(個人蔵)の連作。

     

    (k.y.)

     

  • 2020年05月01日 しずびは開館10周年を迎えました

    5月1日は静岡市美術館の開館記念日です。
    2010年に開館した当館ですが、今年で開館10周年を迎えました。
    これまでの歩みをふりかえり、開館から現在までの展覧会ポスターを集めました。

    開館記念展の「ポーラ美術館コレクション展 印象派とエコール・ド・パリ」(2010)
    地元・静岡ならではの企画「没後100年 徳川慶喜」(2013)、「駿河の白隠さん」(2018)
    開館5周年記念の「大原美術館展」、「ちひろ美術館 世界の絵本原画コレクション展 絵本をひらくと」(2015)
    来場者数最高記録となった「スタジオジブリ・レイアウト展」(2016)
    当館の収蔵品を紹介した「竹久夢二と静岡ゆかりの美術」(2011)、「夢二と京都の日本画」(2017)
    西洋美術、日本美術、現代美術、デザイン、工芸、絵本原画など、様々なジャンルの展覧会を開催しましたが、どの企画も思い入れのあるものばかりです。

     

    また当館では、エントランスホールや多目的室、ワークショップを「交流ゾーン」と位置づけています。
    同時代のアートシーンを紹介する「Shizubi Project」を紹介する
    美術館ならではのセレクトで上映する「Shizubiシネマアワー」
    学生ボランティアスタッフのサポートも好評の「しずびオープンアトリエ」
    2歳以上の未就学児を対象にした「しずびチビッこプログラム」
    といった交流事業にも、開館以来、たくさんの方にご参加いただきました。

     

    今年は臨時休館中のお誕生日となりましたが、また皆さまにご来館いただける日に向けて準備を進めています。
    初めて美術館に訪れる方から熱心な美術ファンまで、また美術館の将来を担う子ども達からお年寄りまで、誰もが気軽に立ち寄れる “まちの中の広場” のような美術館として次の10年に向け歩みを続けます。

     

    (c.o)

     

  • 2020年04月30日 ART at home ~自宅で楽しむアートな本~

    本日はみなさんにご自宅でもアートを楽しんでいただきたく、ミュージアムショップスタッフがおすすめする書籍を紹介したいと思います。

    「空を見てよかった」
    現代美術家・内藤礼さんの言葉による作品集です。
    三十年にわたる創作活動の中でうまれた言葉たちが記されています。


    まずお伝えしたいのは、装幀の美しさ!
    白いカバーに最小限の文字があるだけで、帯の無いとてもミニマムなデザインです。
    …ん? 本当にそれだけ…?
    よくよく見ると、カバーの所々に色がついているようにも見えます。
    白地になにかの柄が印刷されているのです。
    あとでわかりましたが、これも作品です。

    書籍の印刷で、これほど大胆で繊細な表現には、めったにお目にかかることはできないのではないでしょうか。
    そう感じるほどにとても微妙な印刷が施してあります。

    思わずさわってみたくなり、そして目を凝らす。
    何が映し出されているのか。すごい仕上がりだと思います。
    「さわりたくなる本」はだいたい良い本なのですよね。
    シンプルへの強いこだわりが感じられるブックデザインは、下田理恵さんによるものです。
    いわゆる展覧会図録を数多く手がけられていて、どれも素晴らしいデザインばかりですよ。

    本文を一読してみると多くは詩と短文ですが、「詩集」とも「エッセイ集」とも呼びにくいような気がします。
    作品づくりに並行してうまれた言葉が編まれていくうちに、この本をあまり見たことのない、不思議で特別なものにしているようです。

    本文中にも視覚的な作品が一つ収録されています。


    いかがですか? 写真だけではうまく伝わりませんよね…。

    「見ているとき、わたしはそこに何かを確かめようとしている。受け取る準備はできている。
    でもその前に、それはむこうがわで霧散する。」

    この本からなにが見えるか、それは見る人によって異なるのかもしれません。
    ぜひ一度、手にとって頂けると嬉しいです。

    □内藤礼「空を見てよかった」新潮社、2020年

     

    (m.i & t.m)

     

  • 2020年04月28日 ブログで展覧会気分(1)

    新型コロナウイルス感染拡大防止のため、当館はただいま休館しています。
    休館中は「日・チェコ交流100周年 ミュシャと日本、日本とオルリク めぐるジャポニスム」展を会場でご覧頂くことは叶いませんが、せめてウェブ上で展覧会の気分を味わっていただこうとブログにて内容をご紹介したいと思います。

    本展は、日本とチェコの外交関係が2020年に100周年を迎えることを記念して企画されたもので、19世紀後半から20世紀初め頃のジャポニスムの時代における表現の東西相互の交流をテーマとしています。日本で最も知られているチェコの画家といえば、やはりアルフォンス・ミュシャの名が上がることでしょう(「ムハ」の方がチェコ語の発音に近いですが、日本では「ミュシャ」として広く知られているため、本展ではこの呼び方を採っています)。

    パリで絵を学び、挿絵画家としても活躍していたミュシャを一躍有名にしたのは、女優サラ・ベルナールのために1895年に発表されたポスター《ジスモンダ》でした。リトグラフを縦に2枚継いで高さ2メートルを超える大型に仕上げられたポスターは、流麗な線描、華やかな色合い、そして人物、文字、模様を組み合わせた構図の見事さといった特徴により、大衆の眼を惹きつけると同時に、ポスターという媒体による表現の可能性を芸術家たちに示すことになりました。以後、ミュシャはさまざまな広告ポスターや、装飾パネルと呼ばれる広告ではない鑑賞用ポスターなどを多く手がけることになります。


    展示風景。右端はミュシャ《「ジスモンダ」ポスター》(インテック蔵)

    今回ご紹介する1898年の煙草用巻紙の宣伝ポスターも、そうした大型ポスターの1点です。円形の枠と女性像の組み合わせ、ダイナミックに波打つ髪の曲線などにミュシャらしい特徴が表れています。商品名の「JOB」の3文字を巧みにデザイン化した女性の胸元のブローチと背景のパターンも見どころです。


    ミュシャ《「ジョブ」ポスター》 1898年 三重県立美術館

    そしてこのポスターは1900年にフランスへ留学した洋画家・浅井忠がパリの部屋に貼っていたものとしても知られています。浅井ばかりでなく、黒田清輝ら1900年にパリで開催された万国博覧会を機に洋行した画家たちはミュシャや他の画家たちのポスターなどを参考資料として日本へ郵送したり持ち帰ったりしました。インターネットもSNSもなく、パリへは船で1ヶ月ほどかかった明治時代には、印刷物は海や大陸を渡って日本へもたらされたのです。この洋行を機に、浅井忠は図案研究に開眼しました。また、黒田の持ち帰った「広告画」に触発され、図案家を目指した杉浦非水のような画家もいます。浅井の部屋に貼られていたものと同図の「ジョブ」ポスターは、ミュシャの代表作であるばかりでなく、日本の画家たちによる受容を象徴する1点ともいえましょう。

     

    (k.y.)

     

  • 2020年03月28日 「不思議の国のアリス展」作品紹介⑤ 山本容子《hop,step,hop,step》

    山本容子《Hop, Step, Hop, Step》 2007年 油彩/キャンバス オフィス・ルカス ©YOKO YAMAMOTO


    色鮮やかな赤いベストを身に着け、懐中時計を気にしながらリズミカルな足取りで駆け抜けていくシロウサギ。

    物語冒頭でアリスが不思議の国に迷い込むきっかけとなったシロウサギを、日常の時空から離れて異次元へと誘う存在と捉えてモチーフにした作品です。

    作者の山本容子は、1994年に出版された『アリス・イン・ワンダーランド』で挿絵を担当して以来、アリスの物語に着想を得た創作活動をライフワークの一つに位置付けています。

    彼女は「出会うものすべてが自分と対等で、動物や植物そして自然現象とも話のできる、少女の頃特有の状態は、確かに私も経験したと思う」*と語り、夢と現実が交錯する不思議な物語を、空想に耽った自らの少女時代と重ね合わせ、創作意欲を大いに刺激されるのだといいます。

    誕生から150年以上の時を経た今もなお、色褪せることのない『不思議の国のアリス』。

    これからも多くの表現者たちの手で新たなアリス像が生み出され、私たちを魅了し続けるでしょう。

    *山本容子「円座」『山本容子の姫君たち himegimi@heian』講談社、2009年

    (t.t)

  • 2020年03月26日 「不思議の国のアリス展」作品紹介④ エリック・カール《チェシャネコいもむし》

    チェシャネコいもむし.jpg

    エリック・カール《チェシャネコいもむし》 2018年 薄紙、アクリル、コラージュ エリック・カール
    “Cheshire CAT-erpillar” created by Eric Carle, 2018.
    Image reproduced with permission from the Eric Carle Studio.


    裂けんばかりの口から歯を覗かせ、茶目っ気たっぷりの笑みを浮かべるチェシャネコ。

    『不思議の国のアリス』で、アリスの前に突然現れて助言をしたり、騒動を巻き起こしては姿をくらますミステリアスなキャラクターです。

    しかしここに描かれているのは、ただのチェシャネコではありません。頭から突き出た触角や、くねくねとした体はまさにイモムシそのものです。

    この作品は、アメリカ在住の絵本作家エリック・カールが本展のために特別に描き下ろしたもの。

    彼は時間を見つけては半透明の薄紙に絵の具を塗り、引っ掻いたりスポンジ等を押し当てたりして多彩な質感をもった素材を作り、アトリエにストックしています。

    今回制作された作品は、その色とりどりの薄紙の中から、これまで数多く描かれてきたアリスの挿絵を参考に色彩を選び、コラージュすることで生まれた一点なのです。

    エリック・カールの代表作『はらぺこあおむし』とアリスの世界観が融合したこの作品には、彼の先達へのオマージュが込められています。

    (t.t)

  • 2020年03月25日 「不思議の国のアリス展」作品紹介③ アーサー・ラッカム《ニセウミガメ》

    ニセウミガメ.jpg

    アーサー・ラッカム《ニセウミガメ》 1907年
    ペン、インク、水彩/紙 コーシャク・コレクション  ©The Korshak Collection


    ルイス・キャロルとマクミラン社との間で取り決められた『不思議の国のアリス』の版権が切れた1907年以降、様々な画家が独自の解釈でアリスの挿絵を描いてきました。

    その先駆けとなったのが、アーサー・ラッカムです。

    彼は『グリム童話』や『ガリバー旅行記』といった名作のイラストも数多く手掛け、20世紀初頭の英国を代表する挿絵画家の一人として、今日高く評価されています。

    ラッカムはペンを用いたしなやかな線で、不思議の国の住人から背景の草木までを緻密に描き、褐色の穏やかな彩色で物語に新風を吹き込みました。

    しかしそれは、多くの後世の画家たちがそうであったように、初刊本で著者キャロルと共に揺るぎないアリス像を築き上げた挿絵画家ジョン・テニエルへの挑戦でもありました。

    ところがラッカムが描いた新たなアリス像は、テニエルのそれが脳裏に深く刻み込まれていた当時の人々には容易に受け入れられませんでした。

    その現実に苦しんだ彼は、後年出版社から続編『鏡の国のアリス』の挿絵依頼を受けましたが、頑なに拒み続けたといいます。

    (t.t)