ご来館のお客様へ

展覧会を快適にご鑑賞いただくために

作品保護のため、年間を通じて展示室内の湿度・温度を一定に保っています。

寒く感じられる場合がありますので、上着などお持ちいただくと安心です。(ストールの貸し出しを行っています。)


建物の構造及び床の材質の都合により、靴音が大変響きやすくなっております。

ご不便をお掛けしますが、他のお客様へのご配慮をよろしくお願いします。(スリッパの貸し出しを行っています。)
※展示室内には休憩用のソファもございますが、鑑賞に1時間程度かかりますので、歩きやすく、底が柔らかい靴等でお出かけいただくことをおすすめします。


展示室の構造上、話し声等が響きやすくなっております。

話し声の大きさは、“ささやき声”程度を目安に、他のお客様のご迷惑にならないようご配慮をお願いします。なお、展覧会に関係のない会話はご遠慮ください。(状況により、スタッフがお声掛けをさせていただく場合があります。)
→毎週木曜日・土曜日は、トークフリーデーです。お友達やご家族等と、会話を楽しみながら展覧会を鑑賞いただけます。


展示室へご入場の際、携帯電話・タブレット等はマナーモードに切り替えるか、電源をお切りください。なお、展示室内での携帯電話・タブレット等のご使用は、原則禁止としております。


ご入館にあたってのお願い

ご来館の皆様が作品鑑賞を快適にお楽しみいただけるよう、次の事項にご理解・ご協力をお願いいたします。

エリア全体

以下の行為はご遠慮ください。

  • 危険物、臭気物、生花など生ものの持ち込み
  • 傘の持ち込み
    →美術館入口手前の傘立てをご利用ください。折り畳み傘はバッグにしまうか、コインロッカーをご利用ください。
  • ペットを連れての入館(盲導犬・聴導犬・介助犬等の補助犬を除く)
  • 酒気を帯びた方の入館
  • 喫煙
  • カフェスペースを除く飲食(ガム・飴を含む)
  • 他のお客様の迷惑になる行為
展示室内

上記に加えて、以下の行為はお断りします。

  • 飲食(飴・ガム、ペットボトル含む。)
    →水分補給は展示室の外でお願いします。
  • 危険物、音が出るもの、臭気物、生花など生ものの持ち込み
  • 大きなお手荷物(スーツケース、大きなリュックサック、三脚等)の持ち込み
    →100円返却式のコインロッカーがございます。入らない場合は、受付でお預かりします。
  • 美術作品や展示ケースに触れたり、壁に寄りかかったりする行為
    →作品への近付き過ぎにもご注意ください。
  • 携帯電話による通話
    →携帯電話・タブレット等の使用は原則禁止しています。
  • 無許可の写真および映像撮影
  • 鉛筆以外の筆記用具の使用
  • 他のお客様の迷惑になる行為