これからのイベント

めぐるりアート静岡 2020

めぐるりアート静岡 2020

「めぐるりアート静岡」は、静岡市内のさまざまな場所を会場に、今を生きるアートを紹介する展覧会です。大学、美術館、市民、行政などによる地域連携の美術展として2013年に始まり8回目を迎えました。2016年度から静岡市が主催者に加わるとともに、JR東静岡駅北口前の市有地、アート&スポーツ/ヒロバを暫定5年間の会場とし、身近な場所で規格外のスケール感、あるいは想像力あふれる作品と出会う機会を提供してきました。本年はその5年目、いよいよ最終年となります。
それに向け準備を開始した3月末から5月にかけて、新型コロナウイルスの感染拡大によって展覧会は開催が見通せない状態になり、いくつかの関連事業も中止せざるをえませんでした。そしてその後の推移のなかで、ヒロバはもとより市内2つの美術館も、様々な対策を講じ、来場者をお迎えできることになりました。
今、私たちはあらためて、人と人との出あいと触れあいの大切さをかみしめています。また、サイトカインストーム(免疫システムの暴走)が身体にとって危険なように、他者への過剰な警戒が、心や社会をむしばみかねないという危険性にも少しずつ気づきはじめています。アーティストは、コロナ禍にあってなお、心の底からわき上がるさまざまな感情、そして彼・彼女にとって最も大切なこと・興味のあることをカタチにしようとしています。
「めぐるりアート静岡 2020」は、この地域との関わりを大切にするアーティストとともに、アートプロジェクトというもう一つの日常/非日常、そしてポストコロナに向けた希望の舞台を用意します。

静岡市美術館では、ワタリドリ計画(麻生知子・武内明子)の作品を展示します。

※都合により内容を変更する場合があります。最新情報は「めぐるりアート静岡2020」ホームページをご覧ください

《ワタリドリ計画旅の手彩色絵葉書:青葉おでん街》 2009


[会 期]
2020年10月20日(火)〜11月8日(日)
※月曜休館
※東静岡アート&スポーツ/ヒロバのみ 10月17日(土)から

[会 場]
静岡市美術館 エントランスホール

[観覧料]
無料

[関連事業]
■ワタリドリ計画 アーティストトーク
10月20日(火) 13:00~13:40
会場:静岡市美術館 エントランスホール
参加無料、申込不要 直接会場へお越しください

 

ワタリドリ計画(麻生知子・武内明子)
渡り鳥が暖かい場所と餌を求めて飛んでいくように、麻生知子と武内明子が展示場所と作品の題材を求めて日本全国を飛んでいく、アートプロジェクト「ワタリドリ計画」。2009年5月、第1回札幌展を皮切りに、同年10月には、静岡アートギャラリー最後の展覧会に〝飛来″した。それから11年、10周年を迎えた静岡市美術館にふたたびやってくる!

麻生知子(あそうともこ)/画家
1982 埼玉県生まれ/現在、神奈川県在住
2009 東京造形大学造形学部美術学科絵画専攻卒業

武内明子(たけうちあきこ)/画家
1983 熊本県生まれ/現在、熊本県在住
2008 東京造形大学造形学部美術学科絵画専攻卒業

主な活動
2009 春、麻生知子と武内明子によりスタート
2009 ワタリドリ計画 第1回札幌展「北海道」札幌市資料館ギャラリー(北海道)
ワタリドリ計画 第5回静岡展「富士山が、ない」(「THE LIBRARY」「この場所で」展)/静岡アートギャラリー(静岡)
2012 「VOCA展2012」上野の森美術館(東京)
2017 ワタリドリ計画 第17回二本松展「ワタリドリ安達太良物産店」
/安達太良物産及び道の駅「安達」智恵子の里(下り線)(福島)
2018 ワタリドリ計画「結成10周年展」(第21回TARO賞展)/川崎市岡本太郎美術館(神奈川)
2020 ワタリドリ計画「絵から旅する大原⇔岡山」(AM倉敷 vol.16)/大原美術館(岡山)

 

 

めぐるりアート静岡 その他会場情報

■東静岡アート&スポーツ/ヒロバ

石上和弘・岩野勝人・千葉広一・日詰明男・福井揚
会期:10月17日(土)〜11月8日(日)※月曜休廊

占部史人(9月19日(土)~10月11日(日)※会期中の金土日及び祝日)
きむらとしろうじんじん (9月27日(日)のみ)
アオキ裕キ(10月31日(土)・11月1日(日))

 

静岡県立美術館

臼井良平
会期:10月20日(火)〜11月8日(日)※月曜休館

 

[観覧料]
無料

[問合せ先]
めぐるりアート静岡2020 ホームページ内「お問い合わせ」フォーム

[主 催]
静岡県立美術館、静岡市美術館、静岡市

[運 営]
(公財)静岡市文化振興財団

 

[関連イベント]

■プレ展示
占部史人with静岡大学絵画ゼミ学生有志による壁画プロジェクト
「箱の生活」 “ Life in the Boxes”
会期:9月19日(土)~10月11日(日)11:00~17:00 ※会期中の金土日及び祝日
会場:東静岡アート&スポーツ/ヒロバ コンテナ・アートベース内ギャラリー及び外壁
観覧無料

『箱の生活+』 “Life in the Boxes Plus”
静岡大学 絵画第1研究室(占部史人 研究室)+学生・卒業生有志(林七海、福宮杏悟、中根隆弥、河村清加、萩原亜美)

東京芸術大学 彫刻第3研究室(大巻伸嗣 研究室)+学生有志(山元佑介、池田杏莉、野口真美子、佐々木玲奈、中村枝里子、チョティ アムナート、茂木淳史、尹苑) 
会期:9月19日(土)~10月11日(日)11:00~17:00 ※会期中の金土日及び祝日
会場:東静岡アート&スポーツ/ヒロバ コンテナ・アートベース内ギャラリー及び外壁
観覧無料

■占部史人 アーティストトーク
日時:9月27日(日) 14:00~14:40
会場:東静岡アート&スポーツ/ヒロバ
参加無料、申込不要 直接会場へお越しください

 


■岩野勝人 アーティストトーク
日時:10月17日(土) 13:00~13:30
会場:東静岡アート&スポーツ/ヒロバ コンテナ・アートベース周辺
参加無料、申込不要 直接会場へお越しください

■岩野勝人 ワークショップ 平面から立体へ「くもならべ」part 2
日時:10月17日(土)13:00~16:00
会場:東静岡アート&スポーツ/ヒロバ コンテナ・アートベース周辺
講師:岩野勝人(彫刻家)
対象:子どもから大人まで(小さなお子さんは保護者同伴)
定員:20名
参加費:無料(汚れてもよい服装でお越しください)※小雨実施
申込:電話で(公財)静岡市文化振興財団(054-255-4746)(平日8:30~17:30)(申込順)
申込開始日時:9月16日(水)9:00~


■日詰明男 公開制作
日時:10月18日(日)、10月19日(月) 10:00~16:00
会場:東静岡アート&スポーツ/ヒロバ
参加無料、申込不要、どなたでもご自由に見学頂けます

■日詰明男 アーティストトーク
日時:11月1日(日) 13:00~13:40
会場:東静岡アート&スポーツ/ヒロバ
参加無料、申込不要 直接会場へお越しください

《竹の星籠》バンブーストック・フェスティバル (「めぐるりアート静岡2016」)撮影:石川綾子


 

その他詳細はこちら→「めぐるりアート静岡2020」ホームページ

めぐるりアート静岡2020チラシ(PDF)

 

●●●めぐるりシールラリー●●●
会期中、3つの会場すべてのシールを集めた方、先着100名にオリジナル「め」バッグをプレゼント!
静岡県立美術館、静岡市美術館の会場にて引き換えができます。
実施期間:10月17日(土)~11月8日(日)