静岡市美術館HOME > 公式カタログ「Shizubi Project 6 彼方へ 國府理×林勇気×宮永亮」予約受付中!

公式カタログ「Shizubi Project 6 彼方へ 國府理×林勇気×宮永亮」予約受付中!

公式カタログ「Shizubi Project 6 彼方へ 國府理×林勇気×宮永亮」予約受付中!

 

エントランスホール、展示室の展示風景と吉岡洋・京都大学こころの未来研究センター特定教授や、京都市立芸術大学の先輩として学生時代から國府理をよく知る吹田哲二郎氏(音響彫刻、サウンドデザイナー)ほかによる珠玉のエッセイを収録した公式カタログを刊行します。 ご予約の方には送料無料でお送りします。

・W248 × H190mm/80頁/Wリング製本

・2017年8月下旬刊行予定

・定価1,500円(税込)

問合せ:ミュージアムショップ&カフェ TEL/FAX:054-260-5531(直通)

 

[執筆者(予定)]

吉岡洋

美学者。1956年京都生まれ。京都大学文学部哲学科(美学専攻)、同大学院修了。甲南大学、情報科学芸術大学院大学(IAMAS)、京都大学大学院文学研究科教授を経て、現在京都大学こころの未来研究センター特定教授。専門は美学芸術学、情報文化論。著書に『情報と生命―脳・コンピューター・宇宙』(新曜社、1993)、『〈思想〉の現在形―複雑系・電脳空間・アフォーダンス』(講談社、1997)など。京都芸術センター発行の批評雑誌『Diatxt.(ダイアテキスト)』1~8号までの編集長を務める。また、「SKIN-DIVE」展(1999)、「京都ビエンナーレ2003」、「岐阜おおがきビエンナーレ2006」などの展覧会企画にも携わってきた。文化庁世界メディア芸術コンベンションの座長を3年間(2011〜2013)務めた。

 

吹田哲二郎

音響彫刻、サウンドデザイナー。成安造形大学メディアデザイン領域/共通教育センター非常勤講師。近年の主な仕事に、Trouble in Paradise/生存のエシックス:「光・音・脳」(京都国立近代美術館、2010年)、プリペアード・トレイン ~音を巡る。ケージ音楽小旅行~ 音楽監督/京阪電鉄(2012年)、ニュイ・ノワール|夜咄 サウンドデザイン担当/大西清右衛門美術館(2014年)がある。

 

以倉新

静岡市美術館学芸課長。本展企画者。