2022年08月06日【THE HEROES展 作品紹介】武者絵・鐔編 ―源平時代の英雄③

「ボストン美術館所蔵 THE HEROES 刀剣×浮世絵-武者たちの物語」出品作品の中から、武者絵、鐔(つば)の一部を、そこに描かれた武者たちのエピソードとともにご紹介します。

【THE HEROES展作品紹介】武者絵・鐔編 ―源平時代の英雄① はこちら

【THE HEROES展作品紹介】武者絵・鐔編 ―源平時代の英雄② はこちら


大物浦 船弁慶
源平合戦で源氏を勝利に導いた義経ですが、頼朝に謀反を疑われ、大物浦(兵庫県)から出帆します。
にわかに暴風となり襲い掛かる平知盛ら平家の怨霊たち。しかし弁慶の祈祷により難を逃れました。
顔のような模様の蟹や荒波をおこさんとする亡霊たちにも注目です。

歌川国芳 「程義経恋源一代鏡 三略伝」 大物浦 嘉永6年(1853)1月 ボストン美術館

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

静御前
義経の愛妾・静御前は舞の名手で知られます。
義経が頼朝の追手に追われ奈良・吉野山に入った際、義経たちと泣く泣く別れ、捕らえられて鎌倉に送られました。
「しずやしず…」
鶴岡八幡宮を舞台に頼朝の前で義経を慕う歌をうたいながら舞う静御前の姿に人々は感嘆しました。

三代歌川豊国(歌川国貞) 源頼朝の前で舞う静御前  嘉永2~5年(1849~52)頃 ボストン美術館

 

 


 

巴御前
木曽義仲の愛妾・巴御前は色白で容姿端麗ながら力が強く、一騎当千のつわものでした。
松の大木で和田義盛と渡り合い、武者と組討ち勝利するなど粟津合戦で活躍しますが、死を覚悟した義仲の命で戦場を離脱しました。大木を振り回す巴の勇猛な姿に注目です。

勝川春亭 「粟津合戦 三枚続」 文化4年(1807)10月 ボストン美術館


なお、本展では巴御前を描いた作品だけでも7点を展示しています。
北尾政美、勝川春亭、歌川国芳、歌川広重など、絵師による表現の違いもお楽しみください。



 

(s.o、m.o)


「ボストン美術館所蔵 THE HEROES 刀剣×浮世絵-武者たちの物語」

会期:8月28日(日)まで(8月15日除く毎週月曜休館)