2020年12月23日「しずび初の文明展」

 

静岡市美術館では開館10周年を記念して、12月19日(土)より、初の文明展となる「ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展」を開催しています。
ここでは展覧会の見どころを3つにわけて紹介します。

 

1、世界屈指のエジプト・コレクションが来日!
世界最古の国立博物館の一つ、オランダ・ライデン国立古代博物館は、2万5千点ものエジプト遺物を所蔵し、ヨーロッパ五大エジプト・コレクションで知られます。本展では、人や動物のミイラや棺、石碑、パピルスなど約250点を厳選し、3000年に及ぶ古代エジプトの世界に迫ります。

 

2、本展出品のミイラをCTスキャン、その成果を世界初公開!
ライデン国立古代博物館では、1818年の創設以降、遺跡の発掘や調査・研究を行い、次々と古代エジプトの謎を明らかにしてきました。近年では、最先端の科学技術を用いて所蔵品の調査も進められています。本展の開催に合わせて出品されるミイラの調査も行われ、コンピューター断層撮影(CTスキャン)が行われました。本展ではその解析結果を世界初公開しています。

 

3、圧巻の立体展示!多彩な棺が一堂に
永遠の生を信じた古代エジプトの人々にとって、死は来世への一時的な通過点でした。死後ミイラになるのもその一つですが、ミイラを納めた棺は物理的にも呪術的にもそれを保護する重要なものでした。棺は表面だけでなく内側や側面も色彩豊かな美しい装飾が施され、いずれも呪術的な意味が込められています。通常寝かせて展示される棺を、本展では出品する14点のうち10点を立てて展示します。さまざまな棺を細部まで鑑賞できる貴重な機会です。
本展は歴史、美術、科学とさまざまな視点からエジプトを紹介する新しい視点の展覧会です。ぜひ会場にお越しいただき、古代エジプトの魅力をじっくりお楽しみください。

 

 

展示室内の様子(棺10点の立体展示をパノラマ撮影!棺に囲まれるような空間になっています)

 


(s.o)


静岡市美術館開館10周年記念
中日新聞東海本社40周年記念
ライデン国立古代博物館所蔵
古代エジプト展

会期:2020年12月19日(土)〜2021年3月31日(水)
観覧料:一般1,500円、大高生・70歳以上1,000円、中学生以下無料
*障がい者手帳等をお持ちの方及び介助者原則1名は無料

詳細はこちらをご覧ください。⇒「ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展」
_________________________________________