これからの展覧会

古代エジプト展

本展のみどころ

1. ライデン国立古代博物館のエジプト・コレクション約250点が来日!

2. 本展出品のミイラをCT スキャン!その研究成果を世界初公開!!

3. 圧巻の立体展示! 約10点の棺が一挙集合

ライデン国立古代博物館の常設展時の様子

第1章 エジプトを探検する

18世紀末にナポレオンがエジプトへ遠征して以降、エジプトへの関心は高まりを見せます。本章では、ヨーロッパの旅行者や調査団による遺跡のスケッチなど初期のエジプト探検のほか、現在ライデン国立古代博物館が行っている発掘調査の様子を紹介します。

ツタンカーメン王の倚像
アメンヘテプ・フイのピラミディオン

第2章 エジプトを発見する

3000年にわたり繁栄した古代エジプト文明は、大きく9つの時代に区分され、少なくとも30の王朝の存在が知られています。本章では、文明の前後を合わせた各時代の石碑や遺物を展示、エジプトがどのように発見、認識されたかを紹介するとともに当時の世界観や技術の発展などを探ります。

猫の像
イクニューモン
パディコンスの『死者の書』
クウと家族の供養碑

第3章 エジプトを解読する

古代エジプト人にとって墓は「来世の家」でした。本章では、豪華な装飾が施されたミイラ棺のほか、来世の安寧を願う『死者の書』、呪術的な意味を込めて作られた宝飾品や身代わりの人形「シャブティ」など出土した多くの副葬品から古代エジプト文明を読み解きます。

アメンヘテプの内棺
パネシィの外棺
ホルの外棺
男のミイラの肖像
ハレレムのミイラ
ウジャトの眼形護符

第4章 エジプトをスキャンする

古代エジプト文明は、最新の科学技術により解き明かされつつあります。本章では、本展のためにミイラをCTスキャンし、その成果を世界初公開するほか、ミイラ制作に使用されたカノポス壺の分析など、ライデン国立古代博物館が進める各種の国際的なプロジェクトの最先端を紹介します。

ホルネジイトエフの内臓を納めた木箱
猫のミイラ
ワニのミイラ
ミイラのCTスキャンの様子
(アムステルダム・メディカル・センター、2019年)

All images©Rijksmuseum van Oudheden (Leiden, the Netherlands)

ライデン国立古代博物館

1818年にオランダ王国の初代国王ウィレム1世により設立。現在2万5千点に及ぶエジプト・コレクションは、ライデン大学旧蔵の遺物を基盤とし、世界屈指のコレクションとして知られています。