開催中の展覧会

吉田博展

主な出品作品



初めての私家版木版画
《米国シリーズ ホノルル水族館》 大正14(1925)年
「登って、そこに無限の美を感受するのが、
登山の最後の喜びではないだろうか」吉田博
《日本アルプス十二題 劔山の朝》 大正15(1926)年
時間や天候の変化を捉える「別摺べつずり
左:《瀬戸内海集 帆船 朝》 右:《瀬戸内海集 帆船 夜》
いずれも大正15(1926)年
特大版で富士に挑む
《冨士拾景 朝日》 大正15(1926)年
水流を際立たせる渾身の彫り
《溪流》 昭和3(1928)年
朝霧のヴェールをまとう霊廟
《印度と東南アジア タジマハルの朝霧 第五》
昭和7(1932)年
暗がりを彩るさまざまな光
《港之夜》 昭和13(1938)年
藤波の下には、さざ波にゆれる倒影
《東京拾二題 亀井戸》 昭和2(1927)年
家族のほのぼのとしたひとこま
《池の鯉》 大正15(1926)年
驚異の96度摺り
《陽明門》 昭和12(1937)年
ダイアナ妃の執務室に
飾られる吉田博の木版画
『Majesty』1987年より、吉田司氏提供
《瀬戸内海集 光る海》 大正15 (1926)年