• 2011年09月11日 「ちぎって、はって、セガンティーニ ! 」子ども編

    「アルプスの画家 セガンティーニ―光と山―」がスタートして1週間が経ちました。
    本展もさまざまな関連イベントをご用意しております!

    今日は昨日開催したワークショップのご報告です。

    9月10日、「アルプスの画家 セガンティーニ―光と山―」関連ワークショップ 
    『ちぎって、はって、セガンティーニ ! 』の子ども編を開催しました!

    セガンティーニの用いた色彩分割技法について学んだ後、
    カラフルなマスキングテープを使って、
    セガンティーニの作品「水を飲む茶色い雌牛」の牛さんを描きました。

     

    DSC_0008.JPG

    先ずは、展示室でセガンティーニの作品を鑑賞。

    「山や空、見ると何色で描かれているかな?」

    「ピンク!きいろ!…いろんな色が使われてる!」

    そうなんです。

    とても細かい櫛のようなタッチが特徴的なセガンティーニの作品。
    鮮やかな色で描かれた山や空の中には、補色が使われています。

    今日は、この「色彩分割技法」や「補色」をキーワードに、みんなで作品を作りました。

     
    DSC_0012_.jpg

    制作の前に、色の不思議を体験。
    補色残像や白黒写真がカラーに見える実験をしたり…

    DSC_0008__.jpg

    マスキングテープで虹色の輪っか(色相環)を作ったり…

    DSC_0006.jpg

    セガンティーニさんのパレットをつくったり再現したり…

    マスキングテープはやや透過性があるので、
    重ねて貼ると色が変わります。

    「濃い色の上に薄い色を重ねるときれい!」
    パレットワークシートで、いろいろ実験。

    その後、3つの紙にマスキングテープを貼っていきます。

     
    DSC_0025.JPG

    16色あるマスキングテープを、みんなで3つのグループに分けます。
    明るい色のグループと、中くらいと、濃い色のグループ。

    DSC_0032.JPG 

    3つに分けたら、紙に貼っていきます。

    DSC_0033.JPG

    さきほど作った「虹色の輪っか」を見ながら、
    補色を意識して貼っていきます。

    DSC_0057.JPG

    3つの明るさの紙が完成!

    この紙の裏側には切り取り線が印刷してあります。

    DSC_0063.jpg

     

    DSC_0054.JPG

    DSC_0064.jpg

    これをはさみで切りぬいて、パズルのように組み合わせていくと…
     

    カラフルな牛さんが完成!
     

     

     

    DSC_0065.JPG

    額に入れて、サインを入れて…

    みんな、とっても色鮮やかな牛さんが出来上がりました。

     

    DSC_0083.JPG


    DSC_0081.JPG 

     
     色彩分割を用いて作った牛さんは、近くで見たり、離れて見たりすると、
    また印象が違って見えます。

     

    みなさんもぜひ、セガンティーニの作品を、
    近くで見たり、離れて見たりしてみてください。
    セガンティーニの鮮やかな色彩の秘密が、おわかりいただけるはずです。

    さてさて、来月10月9日・16日は
    『ちぎって、はって、セガンティーニ ! 』大人編を開催します!!

    大人編は2日間じっくり時間をかけて、大作を制作予定です。

    こちらは申込受付中です。
    9月27日締切ですので、ご興味ある方はぜひぜひ、お申し込みください!

    詳細はこちらをご覧ください。

     

    DSC_0012.jpg

     

    (m.y.)

     

     

  • 2011年09月10日 セガンティーニ展、はじまりました!

    朝・夕の風がすこしずつ秋らしくなってきました。

     

    さて、セガンティーニ展、無事始まりました!

     

    入り口だけこっそりお見せしますと・・・

     

     

    seganthini0910-1.JPG

     

    こんな感じです。

    ここからどのようなセガンティーニワールドが始まるのか・・・

     

    それは美術館に来てからのお楽しみ。。。

     

    どのような作品が展示されているのかは、当館ホームページでも少しお見せしていますので、
    是非是非こちら(https://shizubi.jp/exhibition/110903_02.php)をご覧ください。

     

    さて、国芳展に続いて、セガンティーニ展も、館内サインをたくさんつけています。

     

     

     

    segantini0910-2.JPG

     

    代表作《アルプスの真昼》が一番多いのですが、この柱につけた《水を飲む茶色い雌牛》も素敵な作品です。

    今年の秋は3連休が3回もあります!
    どこに行こうかな、まだ迷われている方、この秋は是非シズビへ!

     

    (k.o)

     

     

  • 2011年08月27日 「ぱっかぐらの森」ダンス公演 明日です!

    pakkagura-omote.jpg

     

    美術館でも子どもチームのワークショップを開催した、静岡コミュニティダンスプロジェクト
    「ぱっかぐらの森」が、いよいよ明日、静岡市民文化会館で上演されます!

     
    子どもたちから、大人まで、総勢51人の参加者が、気鋭の振付家・ダンサー山田珠美さんとともに作り上げる
    “ダンス&アートセレブレイション”。美術家の井上信太さんが子どもたちとつくった美術作品も必見です。
    ホールだけでなく、広い市民文化会館の各所で繰り広げられるダンスパフォーマンスを移動しながら見るというユニークなスタイル。
    当日参加も可能ですので、是非、ご覧ください。

    演出・振付:山田珠実  
    美術:井上信太
    出演:「ぱっかぐらの森で踊る!!」ワークショップ参加者51名

    ■日時:8月28日(日) 14:00/17:30 *2回公演
    ■場所:静岡市民文化会館内 ぱっかぐらの森
     <受付は、1F大ホール入口になります。
     チラシには3階会議室と記載されていますが、変更しました。>
    ■入場料:300円
     ※スペースの関係上、なるべくご予約ください。
    ■予約申込:静岡市民文化会館 TEL:054-251-3751

     

    【関連企画】 野外ダンス&南アルプスダンスお披露目
    8月28日(日) 16:00 start 静岡市民文化会館前にて
    静岡で育ったダンスチームの作品と、静岡の特産を盛り込んだ
    南アルプスダンスを披露します。公演の前後にぜひお立ち寄りください!

     

    詳細情報はこちらに

    http://jcdn.blog52.fc2.com/blog-entry-97.html

     

    (A.Ik)

  • 2011年08月12日 国芳展 来場者2万人達成!!

    暑い日が続きますね。皆さまいかがお過ごしでしょうか。
    「没後150年 歌川国芳展」は、8月から後期展示になりました。
    ちらしやポスターで使っている「坂田怪童丸」、関連イベントである「みんなで巨大鯨を描こう!」で取り上げている「宮本武蔵の鯨退治」など、後期も目玉となる作品が目白押しです。
    そんな中、今日は、国芳展来場者が2万人を達成しました!
    2万人目の方は、姉妹でご来館された4名の方々。びっくりされていましたが、当館館長より、図録と「きん魚づくし ぼんぼん」のTシャツをお渡ししました。

     

    DSC_0078.JPG

    国芳展は、来週21日まで。こんなにまとまった数で、しかも非常に良い保存状態で浮世絵を見る機会は、そうそうないと言っても過言ではありません。
    皆さまこの機会をお見逃しなく!!

    (R.A)

  • 2011年08月06日 プレゼントワークショップシリーズ Vol.1 「父の日だ!お父さんのお面をつくろう!」を開催しました。

    プレゼントワークショップシリーズ Vol.2
    「敬老の日だ! 家紋でつながるプレゼントづくり」
    の申し込みがスタートしました。
    詳細はこちらをご覧ください。

    さて、ご報告が遅くなってしまいましたが…
    本シリーズの第一弾を、父の日に開催しました。
    今日はその時の様子をご紹介します。

    6月19日の父の日に、プレゼントワークショップシリーズ Vol.1
    「父の日だ!お父さんのお面をつくろう!」を開催しました。

    父の日WS.jpg

    今年度よりスタートした「プレゼントワークショップシリーズ」は、
    記念日に合わせて、家族や大切な人へのプレゼントをつくるワークショップです。

    このワークショップ、お父さんのお面をつくるだけではありません。
    お面づくりの前に、参加者の皆さんに、自分のお父さんについて考える
    「お父さんワークシート」に取り組んでもらいました。

    1枚目は「お父さんチェックシート」。
    お父さんの名前、年齢、誕生日、好きな食べ物、休日の過ごし方、等々…
    みんな大好きなお父さんのこと、どれくらい知っているかな?

    1.jpg

    次に、鏡を見ながら、自分の顔のパーツをひとつずつ描いてみます。
    家族のだれと似てるかな?


    1-2.jpg
     

    その次は、各参加者が持参したお父さんの顔写真を見ながら、
    お父さんの顔のパーツをひとつずつ描きます。
    そして、その横に気が付いたことも書いていきます。


    2.jpg

     

    「ひげが濃い」「眼が眠そう」「鼻が高い」等々…
    絵と文字で書きながら、お父さんの顔のパーツをひとつひとつを観察します。

    そしていよいよ、お面づくりに入ります。

    今回は、紙粘土に絵具で色をつけ、色粘土を作るところから行いました。


    4.jpg

     

    「お父さんの肌の色はどんな色?」
    「日に焼けて真っ黒だから、まだ薄い~!」

    みんな、肌色づくりに悪戦苦闘!

    途中、印象派の画家たちの肖像画を鑑賞。

    3.jpg

    「どの画家も、いろんな色を使って描いてるね~。」

    みんなもいろんな色の粘土を使って、お父さんの顔を作りました。


    5.jpg

     

    髪の毛も丁寧に作ったね!

    そして、すてきなお父さんのお面が20個完成!!

    7.jpg

    7-2.jpg

    7-5.jpg

     

    このワークショップ、お面を作って終わりではありません!!

    完成したお面を、机の上に一列に並べて、
    「ぼくのおとうさんはこんなお父さん」シートを添えて…
    みんなのお父さんに「自分の顔」を探していただきました!  

     
    9.jpg

    10.jpg

    11.jpg

    当日は、テレビ局の取材も入り、ワークショップ室は大賑わい!

    お面はもちろんですが、「お父さんワークシート」もすてきな記念になったようです。

    12.jpg


    14.jpg

    13.jpg

    みんなのお父さんへの感謝の気持ち、十分伝わりましたね!

    母の日も、父の日も、敬老の日も、年に1度です。
    いつも近くにいるからこそなかなか伝えられない「ありがとう」の気持ち。

    相手へのプレゼントを考え、作る、という行為は、とても創造力を働かせます。
    大人になると、プレゼントは買うことが当たり前になりがちですが、
    手間暇かけて、相手の喜ぶ顔を想像しながら、プレゼントを作る…というのも、いいものですね。

    (m.y)

  • 2011年08月06日 「敬老の日だ! 家紋でつながるプレゼントづくり」申込み受付中!!

    7/26よりスタートした「しずびキッズアトリエ」。
    毎日たくさんの方にご参加いただいております。
    8/14まで毎日開催しておりますので、
    まだという方は是非一度、足を運んでみてくださいね。

    DSCN5260.jpg

    DSCN5228.jpg

    国芳の作品を楽しい工作で体験できますよ!

    さて、キッズアトリエの真っ最中ではありますが、
    今後のワークショップの準備も、着々と進んでおります!

    今日は、只今参加者募集中のワークショップをひとつ、ご紹介します。

    プレゼントワークショップシリーズ Vol.2
    「敬老の日だ! 家紋でつながるプレゼントづくり」

    敬老のチラシ_表.jpg

    今年度よりスタートした「プレゼントワークショップシリーズ」は、
    記念日に合わせて、家族や大切な人へのプレゼントをつくるワークショップです。

    その第二弾として、9月19日(月・祝)の敬老の日に、
    「家紋」をテーマにしたワークショップを開催します。

    ところで皆さん、自分の家の「家紋」、ご存知ですか?

    現代の生活の中では、目にする機会の少なくなった家紋ですが、
    瓦、墓石、家具、着物、等々…探してみると、きっと身の回りにあるはずです。

    苗字が文字によるシンボルであるのに対し、家紋は図形による家のシンボルです。
    約2万種類もあると言われる家紋は、身近な植物や生き物、自然、幾何学模様、等々…
    日本人独自の感性が感じられる、とても素敵な文化です。

    今年の敬老の日は、家族のつながりを示す「家紋」の入ったすてきなプレゼントをつくって、
    大好きなおじいちゃん、おばあちゃんにプレゼントしませんか?

    対象は小学生、定員は20名です。
    当日は直接おじいちゃん、おばあちゃんにプレゼントを渡したいと思いますので、
    参加者の祖父母は16時に美術館多目的室へお越しください。

    ワークショップ詳細はこちらをご覧ください。
    こちらからお申し込みも受付中です!
    https://shizubi.jp/event/post_42.php

    静岡市美術館では、今後もさまざまなワークショップを開催します。
    みなさん、美術館HPのTOPページにある『NEW』欄、こまめにチェックしてくださいね!

    (m.y)

  • 2011年08月06日 9月19日(月・祝)「敬老の日だ! 家紋でつながるプレゼントづくり]

    7/26よりスタートした「しずびキッズアトリエ」。
    毎日たくさんの方にご参加いただいております。
    8/14まで毎日開催しておりますので、
    まだという方は是非一度、足を運んでみてくださいね。
    国芳の作品を楽しい工作で体験できますよ!

    さて、キッズアトリエの真っ最中ではありますが、
    今後のワークショップの準備も、着々と進んでおります!

    今日は、只今参加者募集中のワークショップをひとつ、ご紹介します。

    プレゼントワークショップシリーズ Vol.2
    「敬老の日だ! 家紋でつながるプレゼントづくり」

    今年度よりスタートした「プレゼントワークショップシリーズ」は、
    記念日に合わせて、家族や大切な人へのプレゼントをつくるワークショップです。

    その第二弾として、9月19日(月・祝)の敬老の日に、
    「家紋」をテーマにしたワークショップを開催します。

    ところで皆さん、自分の家の「家紋」、ご存知ですか?
    現代の生活の中では、目にする機会の少なくなった家紋ですが、
    瓦、墓石、家具、着物、等々…探してみると、きっと身の回りにあるはずです。

    苗字が文字によるシンボルであるのに対し、家紋は図形による家のシンボルです。
    約2万種類もあると言われる家紋は、身近な植物や生き物、自然、幾何学模様、等々…
    日本人独自の感性が感じられる、とても素敵な文化です。

    今年の敬老の日は、家族のつながりを示す「家紋」の入ったすてきなプレゼントをつくって、
    大好きなおじいちゃん、おばあちゃんにプレゼントしませんか?

    対象は小学生、定員は20名です。
    当日は直接おじいちゃん、おばあちゃんにプレゼントを渡したいと思いますので、
    参加者の祖父母は16時に美術館多目的室へお越しください。

    ワークショップ詳細はこちらをご覧ください。
    こちらからお申し込みも受付中です!
    https://shizubi.jp/event/post_42.php

    静岡市美術館では、今後もさまざまなワークショップを開催します。
    みなさん、美術館HPのTOPページにある『NEW』欄、こまめにチェックしてくださいね!

    (m.y)

  • 2011年08月02日 セガンティーニ展、前売券販売開始!

    昨日の夜の地震、美術館のある葵区は震度4とのことでしたが、かなり揺れました。
    幸い美術館には被害はなく、「歌川国芳展」後期展示、元気に開催しております。

     

    さて、今日は国芳展後期展示開始、なのですが、もうひとつ重要なことが。。。

     

    そう。

     

    今日は秋の開館1周年記念<Ⅰ>・NHK静岡放送局開局80周年記念「アルプスの画家 セガンティーニ -光と山-」展
    の、前売券発売開始日です!!!!

     

     

    segantini poster.JPG

     

     

     

    みなさま、おとといの「新日曜美術館」の特集見ていただけましたか?

     

    アルプスに魅せられ、徐々に高みにのぼり、その澄んだ光を再現しようとしたセガンティーニ。
    結構見入ってしまった方多いのではないでしょうか。

     

    静岡でもいよいよ9月3日から始まります!
    チラシとポスターも出来上がってきました。
    静岡市内への設置ももう間もなくです。もし見かけたら是非お手にとってくださいね♪

     

    今年は9月~10月に3連休が3回も!静岡市美術館はJR静岡駅北口から徒歩3分!
    ちょっと町へ買い物のついでに、南アルプス登山の帰りに、スイス・アルプスの風を静岡市美術館で感じてみませんか?

     

    会期中は、本展監修者の千足伸行先生や、3月にセガンティーニに関する研究書の翻訳本を出版された慶應義塾大学名誉教授の末吉雄二
    先生による講演会、当館スタッフによるワークショップ等々を実施します。

     

    この秋は、是非ShizubiへGO!

    (k.o)

  • 2011年07月26日 「夏休み!しずびキッズアトリエ」本日よりスタート!!

    本日より、「夏休み!しずびキッズアトリエ 国芳とあそぼう」がスタートしました。

    夏休み、しずびのワークショップ室が子ども達のアトリエに大変身!
    美術館ならではのおもしろい”ものづくり”を体験することができるのです。

    なんと、このワークショップ、
    今日から3週間、毎日!しかも1日3回!! 実施します!!!
    (休館日である月曜日を除きます)

    初日、ぐずついた天気であったにもかかわらず、たくさんの方にご参加いただきました!
    ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

     

    0726_1.jpg

     

    今日は、初日の様子と併せて、しずびキッズアトリエの内容をご紹介します。

     

    現在開催中の「没後150年 歌川国芳展」の出品作品の中から、
    国芳のダイナミックで迫力満点の作品を数点ピックアップし、
    それぞれの作品の魅力をより実感していただけるような、
    当館オリジナル工作キットを作成しました!

    キットは大きく分けて3種類あります。

    1.飛び出す浮世絵カードをつくろう!
      国芳の迫力満点の大判三枚続の作品をもとに、飛び出すカードをつくろう!
      ※さらに4種類の中からお選びいただけます。

     

    大相撲.jpg

     

    平家.jpg

     

     

    2.影絵のしかけカードをつくろう!
      国芳の影絵作品をもとに、ふすまを開くと動物や人が、

      閉じるとその影が浮かびあがるしかけカードをつくろう!

     

     

     

    影絵2.jpg

     

     

    3.猫語呂(ゴロ)合わせカードをつくろう!
      猫好きの国芳が描いた「其まヽ地口猫飼好五十三疋」に登場する猫たちを切り貼りして、

       猫語呂(ゴロ)合わせカードをつくろう!
      ※さらに2種類の中からお選びいただけます。

     

    大磯1.jpg

     

     

     

    大磯2.jpg

     

     

    …と言う訳で、キットは全7種類ご用意しております。
    ぜひぜひ、全種類挑戦してみてくださいね。

     

    お時間は

    ①10:30~11:30
    ②13:00~14:00
    ③14:30~15:30

    となります。

    毎朝10時より、全ての回のチケットを同時に当館インフォメーションにて販売開始いたします。

    各回先着20名となっておりますので、ご注意ください。

    このキットを作るに当たり、久しぶりに工作をしましたが…
    「工作ってこんなに楽しかったんだ!!」と、改めて実感しました。

    お子さんは夏休みの宿題に、
    プラモデル好きのお父さんにも。
    ちょっと変わったグリーティングカードを作りたい学生さんも。

    キッズアトリエ…という名前ではありますが、

    小学生以上であればどなたでも参加可能ですので、
    大人もぜひご参加ください。

     

    0726_4.jpg

     

    0726_2.jpg

     

    0726_3.jpg

     

    皆さんどうぞお誘いあわせの上、「しずびキッズアトリエ」にお越しください!
    ワークショップ室でお待ちしております!

     

    (m.y)

  • 2011年07月26日 講演会「後姿の感情-歌川国芳の自画像とその系譜」

     

    前期展示は、早いもので今週いっぱいで終了
    残すところ今日を含めて6日です。

     

    7月24日日曜日の午後、岡戸敏幸先生をお招きして講演会を開催しました。

     

    そもそも、岡戸先生が”後姿”に興味をもったのも、1996年に開催された「生誕200年歌川国芳展」を担当され、国芳の後姿の自画像に出会った頃からだとのこと。

     

    そして今回、没後150年を記念した国芳展でのご講演です

     

     

     

    国芳展 講演会 後姿.JPG

    現在知られる限り、なぜか後姿でしか自画像を残していない国芳
    “後姿”の意味・・・
    絵の中の人物になって絵の中に入り込むような後姿・・・

     

    講演会 ようす.JPG

     

    「浮世よしづ久志」(前期展示)を語ると、聴衆はぐっと岡戸先生のお話の世界へ、
    国芳の絵の世界へ引き込まれてゆきます

     

    国芳 講演会 猫よしよし.JPG    bubun.jpg

    「浮世よしづ久志」(部分/前期展示)

    いやはや
    国芳は猫を抱いて”よしよし”しているんですねえ

     

    岡戸先生は本当に楽しそうに国芳の作品を語ります
    国芳の絵の力は、江戸の人たちだけでなく、時代を超えて私たちに絵の魅力を教えてくれますね
    視ることの新たな発見がたくさん!

     

    国芳の絵を見るのがますます面白くなるお話でした

     

    (e.y)