これからの展覧会

没後70年
吉田博展

吉田博《冨士捨景 朝日》1926年

2021年6月19日(土)〜8月29日(日)

吉田博(1876-1950)は明治から昭和にかけて、風景画の第一人者として活躍した洋画家です。その後半生には西洋画の写実的な描写と日本の伝統的な木版技法を統合した新しい木版画の創造に没頭しました。平均して30回以上もの摺りを重ね、精緻なグラデーションを駆使した木版画は、大自然を捉えた清新な作風で世界を魅了しました。かのダイアナ妃の執務室に吉田博の木版画が飾られていたことも近年話題になりました。本展では、木版画約200点に加え、水彩画、油彩画、写生帖のほか初公開の版木も交えてご紹介します。