これからの展覧会

平等院開創970年 鳳凰堂と浄土院の名宝
浄土への憧憬と祈り(仮)

©平等院
国宝《雲中供養菩薩像南1号》
天喜元(1053)年 平等院

※出品作品は異なる場合があります。

2022年2月5日(土)〜3月27日(日)

京都府南部を流れる宇治川の畔に伽藍がらんを構える平等院は、永承7(1052)年に関白・藤原頼通が父道長から相続した別荘を仏寺に改めて建立された名刹です。伽藍の中枢に位置する阿弥陀堂は「鳳凰堂」の名で広く親しまれ、本尊阿弥陀如来坐像を中心に極楽浄土を表現した堂内の華麗な荘厳は、洗練された平安貴族の美意識を今に伝えています。
本展では鳳凰堂に安置される国宝《雲中供養菩薩像》をはじめ、養林庵書院(重文)障壁画、初公開の平安彫刻など、塔頭の浄土院に伝来した宝物を中心に展観し、970年の歴史を誇る平等院の信仰と美をご覧いただきます。