静岡市美術館HOME > これからの展覧会 > ミュシャと日本、日本とオルリク めぐるジャポニスム

日・チェコ交流100周年
ミュシャと日本、日本とオルリク めぐるジャポニスム



2020年4月11日(土)〜5月24日(日)

この展覧会は、チェコ出身の2人の画家、アルフォンス・ミュシャ(1860-1939)とエミール・オルリク(1870-1932)を軸に、グラフィックを舞台に展開した東西相互の影響関係に光をあてようとするものです。
ジャポニスムに沸くパリでアール・ヌーヴォーの旗手として活躍したミュシャの絵は、1900年創刊の雑誌『明星』でいち早く日本にも紹介され、藤島武二や中澤弘光らに大きな影響を与えました。一方、プラハ生まれのオルリクはヨーロッパ各地でジャポニスムの潮流に触れ日本への憧れをつのらせ、1900年から翌年にかけてついに来日。浮世絵版画の彫りや摺りを学び、帰国後はヨーロッパの木版に新風をもたらしました。また、オルリクが日本滞在中に制作した石版画は日本の若い画家たちを刺激し、芸術作品として版画を制作するという新しい考え方を後押ししました。
こうした1900年前後の影響関係は、グラフィックを介したジャポニスムとその還流と捉えることができます。本展ではミュシャとオルリクに加え、背景としてのチェコのジャポニスムを紹介するほか、ウィーン分離派周辺の作家やヴォイチェフ・プライシク、タヴィーク・フランチシェク・シモン、ヴァルター・クレム、カール・ティーマン、日本の雑誌『明星』と『方寸』周辺の作品など400点以上を展示し、グラフィックならではの、即時的で双方向な東西の芸術交流を探ります。

前売券
4月10日(金)まで販売
静岡市美術館、ローソンチケット[Lコード:43830]、セブンチケット[セブンコード:081-964]、チケットぴあ[Pコード:685-140]、谷島屋(パルシェ店、マークイズ静岡店、流通通り店)、戸田書店静岡本店、MARUZEN&ジュンク堂書店新静岡店

主催:静岡市、静岡市美術館 指定管理者(公財)静岡市文化振興財団、読売新聞社、美術館連絡協議会、Daiichi-TV
協賛:ライオン、大日本印刷、損保ジャパン日本興亜
後援:駐日チェコ共和国大使館、チェコセンター東京、静岡市教育委員会、静岡県教育委員会
協力:ルフトハンザカーゴ AG、一般財団法人高久国際奨学財団
コーディネート:イデッフ
特別協力:チェコ国立プラハ工芸美術館、ダッハウ絵画館


【主な出品作品】

序章 ジャポニスム――光琳、型紙、そして浮世絵

葛飾北斎《冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏》1831-33年頃、
島根県立美術館、新庄コレクション(後期展示)
第1章 チェコのジャポニスム

ヴァレンティン・ヘルディチカ
《「日本の版画 ブルノP.U.V.
クラブ第31回展」ポスター》1913年、
チェコ国立プラハ工芸美術館

アルノシュト・ホフバウエル
《「マーネス美術家協会第2回展覧会」
ポスター》1898年、
チェコ国立プラハ工芸美術館

タヴィーク・フランチシェク・シモン
《ルンベ・ガーデンの大聖堂》1916年、
チェコ国立プラハ工芸美術館
第2章 ミュシャと日本

アルフォンス・ミュシャ
《「ジョブ」ポスター》1898年、
三重県立美術館

アルフォンス・ミュシャ
《「サロン・デ・サン ミュシャ作品展」
ポスター》1897年、インテック

藤島武二《ヴァイオリン》
(〈音楽六題〉より)1901-06年、
ひろしま美術館(前期展示)

中澤弘光《嗅(女学生)》
1905年、
三重県立美術館(前期展示)
第3章 日本とオルリク

エミール・オルリク《富士山への巡礼》1901年、
パトリック・シモン・コレクション、プラハ

エミール・オルリク
《築地第一ホテルの前の人力車》1901年、
パトリック・シモン・コレクション、
プラハ

織田一磨《上野広小路》1916年、
千葉市美術館(後期展示)
第4章 オルリク――日本の思い出/後継者たち

ヴァルター・クレム《ヤギ》
1907年、ダッハウ市、
ティーマンコレクション/
ダッハウ絵画館

カール・ティーマン《牧草地》1907年、
ダッハウ市、ティーマンコレクション/
ダッハウ絵画館