静岡市美術館HOME > 過去の展覧会 > 青磁のいま―受け継がれた技と美 南宋から現代まで

過去の展覧会

青磁のいま―受け継がれた技と美 南宋から現代まで

展覧会概要展覧会構成関連イベントお楽しみ刊行物


2015年6月13日(土)~8月16日(日)
中国に起源を持つ、青緑色を基調とする美しい釉色のやきもの“青磁”。かつて中国皇帝が「雨過天青うかてんせい」とその“青”を喩えるなど、古来より理想の色を求めて様々な青磁が生み出されました。日本には12世紀頃より伝わり、茶の湯の発達のなかで選び出され大切に受け継がれてきました。本展では、第Ⅰ章で日本に伝来した中国・南宋時代(12~13世紀)の官窯や龍泉窯の名品を、第Ⅱ章では古陶磁の再現に心を砕き、次第に独自の青磁を作り出した板谷波山や岡部嶺男など11名の近代の物故作家の作品を、第Ⅲ章では人間国宝の中島宏をはじめ今を生きる現代作家10名の最新作まで、約120点を一堂に展示します。時代を越えて人々を魅了し続ける青磁の“いま”をご覧ください。

前売券
販売期間:5月1日(金)〜6月12日(金)
静岡市美術館(6月11日(木)まで)、チケットぴあ[Pコード766-738]、ローソンチケット[Lコード46746]、セブンチケット[セブンコード:038-261]、谷島屋呉服町本店、谷島屋マークイズ静岡店、戸田書店静岡本店、戸田書店城北店、江崎書店パルシェ店、MARUZEN&ジュンク堂書店新静岡店

主催:静岡市、静岡市美術館、(公財)静岡市文化振興財団、NHK静岡放送局、NHKプラネット中部
後援:静岡市教育委員会、静岡県教育委員会