静岡市美術館HOME > これからの展覧会 > 印象派への旅 海運王の夢

印象派への旅 海運王の夢
バレル・コレクション

エドガー・ドガ《リハーサル》 1874年頃 ©CSG CIC Glasgow Museums Collection
ヴジェーヌ・ブーダン《ドーヴィル、波止場》 1891年 ©CSG CIC Glasgow Museums Collection
すべてグラスゴー、バレル・コレクション


2019年8月7日(水)〜10月20日(日)
英国スコットランド最大の都市グラスゴー。バレル・コレクションは、産業革命期に船舶の売買で財をなした海運王ウィリアム・バレルが蒐集した、古今東西におよぶ美術工芸品から成る世界屈指の美術館のひとつです。本展では、ドガの名作≪リハーサル≫をはじめ、永らく現地でしか見られなかったイギリス、フランス、オランダの画家たちの優品73点が、同館のリニューアル工事に伴い初来日します。さらに、同市のケルヴィングローヴ美術博物館所蔵のルノワール、セザンヌ、ゴッホなど7点(うち日本初公開3点)を加え総数80点で、写実主義から印象派への流れをたどります。