静岡市美術館HOME > 過去の展覧会 > 没後100年 徳川慶喜展

徳川家康公顕彰四百年記念事業 没後100年 徳川慶喜展

展覧会概要第一章第二章第三章第四章関連イベント刊行物


第一章 天晴れ名将の器、七郎麻呂 第一節 水戸弘道館で
第二節 水戸旧城之図を読む

父は水戸藩九代藩主の徳川斉昭(とくがわなりあき)、母は有栖川宮吉子(ありすがわのみやよしこ)。徳川家と皇族の血を引く慶喜は、斉昭の七男として生まれた。
幼名は七郎麻呂。
ここでは、安政の大獄の余波により隠居し、一橋家再相続により政治家として本格的に活動を始めるまでを取り上げる。



「七郎麻呂七歳肖像」内藤業昌筆 鳥取神社(釧路)蔵

書「進思尽忠」徳川慶喜筆 東京都 日蓮宗国土安穏寺蔵